脱毛と肌荒れ、どうやって乗り切る?

普段行っているムダ毛の自己処理でも、肌荒れを起こすことはよくあります。
皮膚表面を必要以上に削ってしまったり、カミソリ負けや下手をすると傷をつくったり、
赤みや皮膚の腫れは日常茶飯事かもしれません。処理後の肌の乾燥も気になりますね。

そんなこともあって、光脱毛や医療レーザー脱毛を受けてみようと考える人が増えています。
しかし実際のところ、それらの施術でも肌荒れのリスクが全くないわけではありません。

とくに医療レーザーの場合、毛根を破壊するレベルのレーザー光線なので、場合によっては肌荒れを起こすこともあります。
光脱毛のほうが刺激は少ないですが、それでも肌に刺激を与えることには違いないので、トラブルがないとは言い切れません。

医療クリニックの場合は、医師がいますから万一の際でも安心ですが、エステティックサロン脱毛の場合は、
医療クリニックなどと提携しているサロンを選ぶと、肌トラブルにも対応できます。


■ 光脱毛は”肌に優しい”だけじゃない!

ムダ毛処理の効果という点では、医療レーザーのほうに軍配が上がるものの、
肌の美肌、美白効果、毛穴の引き締め、または定期的なお手入れを考えるのなら、光脱毛も効果的です。

実際、光脱毛は、美容皮膚科で行われるフォトフェイシャルと同じ原理なので、
肌のコラーゲン生成を促進し、シミやしわを減らす事も可能なようです。
脱毛効果だけではなく、美肌ケアもしたい人には、光脱毛もすすめられます。


■ 医療レーザー、サロン脱毛に共通すること

脱毛施術をするときは、とても肌が乾燥します。
光脱毛を行うときには、施術前に肌にジェルを塗ったり、施術後にクールダウンのために冷却パッド等を用いますが、これも肌を刺激や乾燥から守るためです。

施術後はとくに肌が乾燥しやすくなるため、自宅でもローションなどをこまめに塗って、保湿に気を配りましょう。
ただし、とくに高い化粧水などを購入することはありません。エステティックサロンで勧められている商品にこだわる必要もありません。

基本的な注意さえ守っていれば、特にトラブルもなく、脱毛施術をすすめていくことが出来る筈です。
ただし、季節的に乾燥しやすい時期には、肌を念入りに保湿することを忘れないでくださいね。
とくに刺激の強い医療レーザーの場合は、普段のお手入れを怠らないように!

ミュゼの口コミ・体験談募集中★

ミュゼの脱毛を実際に行っている方の感想や体験談も募集中です!

下のフォームからぜひご回答下さいませ。