↓ミュゼ半額企画実施中!急いでチェック!↓

ミュゼのご予約はこちら

傷跡がある箇所はどうなるの?

このページでは傷跡がある場合の脱毛についての口コミをまとめてみました!

 

はじめまして 先日ワキの1回目が終わりました。
膝下も追加したいなと思っているのですがその場合ってカウンセリングがまた必要なのでしょうか?

 

それと去年肌トラブルがあり、傷跡があるんですけどこの場合って
ほくろをカバーするみたいに傷跡をシールかなにかで保護して脱毛するのでしょうか?
虫刺され跡が茶色く残っていたり傷跡が数箇所あるので気になって・・・。

 

ご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください!

 

わたしの膝小僧にある子供の頃にケガをした跡は、
傷痕はレーザー打てないとのことで、シールで保護されました。

 

傷痕の状態は、切れた所が治ってくっついたものの
Bセンチくらい皮膚が薄く、白っぽく跡が残っている感じです

 

傷痕の状態にもよるかもしれませんが、
もしかしたら保護されるかもです。

 

カウンセリングは必要ありませんよ
契約書に記入するだけだと思います

 

傷痕はきっとシールで保護すると思います
薄めの色で支障のなさげな所はあててくれるかもですが

 

コメントありがとうございます!
傷跡はやっぱり保護されるんですね、あとは実際にみてもらって当ててもらうって感じっぽいですね。
アドバイスいただいてちょっと安心しました。

 

カウンセリングも必要ないみたいなので時間もかからなそうでよかった!
ありがとうございました!

 

なぜほくろや傷跡は照射を避けるの?

エステサロンの光脱毛を受ける際、「ほくろや傷跡があると脱毛できない」なんて話があります。
実際、ほくろや傷跡があるとサロンでの脱毛は受けられないのでしょうか。

 

ほくろや傷跡を避ける理由をしっかり紹介します!

 

ほくろがあると脱毛が受けられないのは脱毛器のメカニズムにあり

ミュゼなどの脱毛サロンで通常使われているフラッシュ脱毛器のメカニズムとしては、毛の黒い組織「メラニン色素」に働きかけ、そこに集中して光を当てることで毛根の活動を止めて脱毛していくのです。
で、ほくろや傷跡が黒く見えるのもこの毛と同じメラニン色素が固まっているせいなので、ほくろがある場所にフラッシュを当ててしまうと光がほくろに働きかけてしまい、トラブルの原因となってしまうのです。
このことから「ほくろが多いと光脱毛を受けられない」と言われている理由です。

 

ほくろが多い=施術をあきらめるのにはまだ早い!

そんなことからほくろが多いから脱毛サロンは受けられない…とあきらめてしまうにはまだ早いです。
ミュゼプラチナムではほくろの多いお客様の場合は丁寧に保護パッチを貼って施術してくれるのです。
なのでほくろがあってもきちんと施術は受けられます。
心配な方はまずミュゼの無料カウンセリングを受けてほくろが多い旨を伝えて相談してみるのがいいでしょう。

 

ほくろ毛は脱毛できないのでご了承を。

ほくろには保護パッチを貼ってしまうので、当然残念ながらほくろ毛には脱毛することができません。
ですが、ほくろ周りの毛は十分キレイに脱毛してくれますよ!
とはいえ、ほくろ毛って結構太いものが多いので本来なら何とかしたいと思ってしまうのですが、肌トラブルのもとになりやすいので絶対に自分で引っこ抜いたりとかはしないこと。

ほくろ

おすすめの処理方法としては、はさみでこまめに短くカットするのがいいですね!

 

今まで、ほくろが多いから脱毛は受けられない、と諦めていた方もミュゼでなら安心して脱毛できます。
まずは無料カウンセリングを受けて相談してみましょう!

ミュゼの口コミ・体験談募集中★

ミュゼの脱毛を実際に行っている方の感想や体験談も募集中です!

下のフォームからぜひご回答下さいませ。