ミュゼのVライン脱毛完了コースを紹介!ミュゼのメリットとは?

ミュゼプラチナムのサービスのなかで、特徴的なのが、脱毛完了コースがあること。
これは皆さんが特に気になるVラインコースが無制限で受けられる人気のコースです。
自己処理で、肌が傷んだり、脱毛部分の黒ずみが気になり始めた人におすすめです。

 

ミュゼプラチナムと他の格安サロンの違い!

Vラインの脱毛には興味があるけど、脱毛されるときに見られるのが恥ずかしいという人は多いと思いますが
、ミュゼプラチナムなら、紙ショーツをつけて施術するので、心配いりません。
格安サロンでは、安い代わりに恥ずかしさは我慢!というところが多いなかで、ミュゼの取り組みは画期的で、心理的ハードルが下がりますよね。

 

もう一つ気になる点としては、脱毛の効果や痛みのことですが、ミュゼプラチナムは、肌にやさしく、
永久脱毛に近いS.S.C.方式を採用しているので、スピーディーに、また痛みなく脱毛することができます。

 

ジェルの上から光を当て照射しますので、安定した光とジェルの潤い成分によって、肌への刺激を最小限に抑えます。
トリートメントには独自開発のプラセンタエキス配合のローションがあるので、美肌効果もあります。

 

紙ショーツを履いたままの施術が可能!

Vラインの脱毛は、担当者に見られてしまうかも・・・という羞恥心もハードルを高める要因のひとつとなっています。
ミュゼプラチナムでは、紙ショーツを履いたままの状態で脱毛施術をしてくれるので、その点において非常に安心感があります。

 

毛量による追加料金なし!

ミュゼでは、Vラインの脱毛で毛量に応じた追加料金が発生しないのもメリットのひとつです。
そのため少々毛深いという方でも、追加費用を気にせずに脱毛施術を受けることができるようになっています。

 

Vラインプレートのサービス

ミュゼプラチナムでのVライン脱毛では、事前に脱毛可能な範囲を示した「Vラインプレート」と呼ばれる台紙が渡されます。
特に施術前の事前処理をするときに役立ちます。
剃り残しがあると、その個所は照射してもらえないケースがあることから、事前シェービングはとても重要なためです。
ユーザー目線に立ったサービスと言えるでしょう。

 

回数が無制限

ミュゼのVライン脱毛は回数が無制限となっています。
Vラインの箇所は太く濃いめのため、個人差もありますが比較的時間のかかる部位のひとつです。
その点、ミュゼのように回数無制限であれば、とことんキレイになるまで徹底的に脱毛を重ねることも可能です。

 

ミュゼのVライン脱毛の料金

ミュゼプラチナムのVライン脱毛の料金は、「両ワキ+Vラインコース」であれば初めての方に限り、1回100円(税込)からスタートすることができます。
回数に応じて料金が変動するため、最初のカウンセリングで必ず確認するようにして下さい。
脱毛の回数は、平均で8〜12回となっていますが、16回〜18回ほど行うと、ほとんど自己処理がいらないレベルになると言われています。

 

Vライン脱毛完了コース

Vライン
Vラインの脱毛を徹底的に行い方におすすめのプランです。
1回3,600円(税込)で回数無制限で脱毛することができます。

 

ハイジニーナ7 VIO脱毛コース

ハイジニーナ
Vラインも含めたデリケートゾーンの周辺すべてを脱毛できるコースです。
ハイジニーナの脱毛範囲は、Vラインとトライアングル上下、Iラインとへそ下とヒップ奥の他に、Vライン上のハイジニーナ7だけの脱毛箇所が含まれています。

 

ハイジニーナにしたい方はもちろんのこと、ヘアの形を思い通りに整えたい方にもおすすめのコースです。
料金はレギュラープランが4回で72,000円(税抜)、平日の12時〜18時までのデイプランが4回で60,000円(税抜)です。
実際には、アプリのダウンロードで料金が半額になるため、よりお得に利用することができるようになっています。

 

全身脱毛コース

全身
ミュゼでは、全身脱毛コースにVラインの脱毛が含まれています。
全身脱毛コースであれば、VラインだけでなくIラインやヒップ奥、トライアングルの上下もキレイにすることが可能です。

 

脱毛をした箇所としていない個所との区切りがなくなるため、結果的にお得な形となる可能性があります。
全身脱毛コースは、月々8,400円(税込・12回払い)から行うことができます。

 

肌荒れなし、美肌を保ちつつ施術できる!

Vラインという、特にデリケートな部分ですので、肌が弱い人、すでに自己処理で黒ずみがある人にとっては、
この刺激の少ない脱毛方法がおすすめです。
自己処理より圧倒的に肌ダメージが少ないのではないでしょうか。

 

毛周期を考えながら、定期的な施術をしていれば、脱毛だけではなく、スベスベ滑らかな肌も手に入れることができるでしょう。

 

Vラインの毛は、太かったり、濃い部分もあります。
また人によってはかなりの回数の脱毛施術を受けないと薄くしたり、
生えづらくするのは難しいのですが、ミュゼプラチナムの期限、そして回数無制限システムなら、満足できるまで通い続けることができます。

 

薬事法で決められているので、永久脱毛と宣伝することはできないのですが、それに近い効果を実感できるでしょう。

 

肌へのダメージを最小限にして、尚かつ毛周期にあわせて計画的に施術していけるミュゼプラチナム。
料金もシステムもやさしい、あなたのペースで受けられる、嬉しい脱毛サロンです。

 

ミュゼでVライン脱毛をする際に気をつけなくてはいけないことってある?

ミュゼで人気の脱毛部位となっている、Vラインですがいくつか気を付けなくてはいけないことがあるようです。

 

事前の自己処理

自己処理

Vラインの脱毛においては事前の自己処理が重要となっており、ミュゼではケアを受ける当日または前日に脱毛する部位のシェービングを行うようにお願いしています。
自己処理が万全の状態でない場合にはVラインの脱毛ケアを受けることができないケースもありますので、必ず事前に自己処理をしておきましょう。
もちろんこれはミュゼにおける脱毛ケアをより万全の状態にするための事前準備ですので、あまり張り切って処理をする必要はありません。

 

Vライン脱毛費用と回数を確認!

費用

忘れてはならないのがVライン脱毛における費用と回数を確認しておくことです。
ミュゼでは事前のカウンセリングで体質の確認と脱毛ケアのコース内容について説明する時間を設けていますので、この段階でどの程度費用がかかるのかをしっかりと確認しておきましょう。
また、気になる点や不安な点、疑問点などがあればVライン脱毛を行う当日までに解消しておくと安心です。

 

体調も大きく影響!

かぜ

脱毛ケアは当日の体調も仕上がりに大きく影響します。
体調がすぐれない状態でミュゼを訪れVラインの脱毛ケアを受けたとしても、その効果は決して芳しいものではないでしょう。
脱毛ケアを受ける当日にあわせて体調を整えておくことも、美しい仕上がりに欠かせないポイントです。

 

Vライン脱毛の事前自己処理について

Vラインの事前自己処理は、前述したように、ミュゼから配布されるVラインプレート(台形状)を利用して行うとスムーズにできます。
事前処理では、毛抜きは絶対に使用しないようにして下さい。
肌荒れや埋没毛などのリスクがあるためです。

 

カミソリの場合も、お肌の状態によってはカミソリ負けをする危険性があるため、できれば電動シェーバーを利用する方が良いと思われます。
電動シェーバーは、ディスカウントショップなどで2,000円前後から購入可能です。

 

Vライン脱毛は痛いの?

Vラインは、メラニン色素が集中している箇所であることや、皮膚そのものが薄く、毛も集中しているため、他の箇所よりも痛みが強いと言われています。

 

ミュゼプラチナムでは比較的痛みの少ないS.S.C(スムーズ・スキン・コントロール)方式を採用しているため、医療レーザーやニードル脱毛と比較して、かなり緩和されているようです。脱毛後にはアフターケアとしてプラセンタを配合したローションを塗ってもらえるのもミュゼならではのメリットと言えるでしょう。

 

Vライン脱毛時の痛みが激しい場合、リクエストに応じて照射出力を抑えてくれることもあります。あまりにも耐えられないほどの痛みを感じるようであれば、遠慮せずに伝えるようにしましょう。

 

普段から保湿を心がけることで、痛みを感じにくい傾向もあると言われています。そのためくれぐれも乾燥には注意してください。

 

Vラインは何回脱毛すれば完了する?

ミュゼのVライン脱毛は何回通えば完了するのかは、個人差があるので一概に○回ということはできません。ただし目安としてだいたい12回ほどで効果を感じることが多く、概ね16回から18回ほどで完了するというのが平均的な回数のようです。

 

毛質やお肌の状態など、それぞれタイプの違いがありますので、必ず最初のカウンセリングで大まかな回数と費用についてきちんと確認することをオススメします。

 

ミュゼの口コミ・体験談募集中★

ミュゼの脱毛を実際に行っている方の感想や体験談も募集中です!

下のフォームからぜひご回答下さいませ。