↓ミュゼ半額企画実施中!急いでチェック!↓

ミュゼのご予約はこちら

ムダ毛付近の皮膚の黒ずみ・色素沈着…対処法は?

お肌のお悩みで多いのが、肌の黒ずみです。
いままでずっと自己処理で脱毛を繰り返してきた人は、肌の黒ずみに悩んでいる人も多いかもしれません。

光脱毛では、美肌効果やコラーゲンの生成を促進する作用もあるので、
自己処理を続けるよりはずっと肌に負担をかけず、脱毛すると同時に、肌の黒ずみの原因を取り除くことができるでしょう。

黒ずみ、いわゆる色素沈着は、メラニン色素が増加してできることが多いものです。
黒ずんでいる部分はそれ以上、色素沈着を起こさないよう、余計な摩擦や刺激を避けるようにします。
自己処理は避けて、日常生活を工夫することが大事です。


自己処理による肌の黒ずみ、その理由


カミソリなどを肌に直接当てて、ムダ毛処理をしていると肌にダメージを与えます。肌の表面の角質が削れたり、
また肌に余計な刺激、摩擦を与えるので、肌の黒ずみが起こりやすくなります。また下着や衣服の摩擦が原因で肌が黒ずむ場合もあります。
せっかくムダ毛が無くなっても、肌が黒くなっていては魅力は半減します。それを防ぐには、まずは間違った自己処理を改めることです。

そして、早めに光脱毛やレーザー脱毛処理に切り替えましょう。
ピンセットや毛抜きでの処理も、毛穴を傷めてしまい、埋没毛や毛穴トラブルの原因となります。

肌が修復するにはとても長い時間がかかります。その原因を作らないように、賢く脱毛処理をしたいものです。


出来てしまった黒ずみを消したい


出来てしまった肌の黒ずみを消したい場合は、まずは自己処理をやめて、サロンなどで光脱毛をすることがすすめられます。
また、場合によっては、エステサロンでのホワイトニングケアで、黒ずみを薄くすることもできるそうです。
多少の黒ずみなら脱毛施術が可能ですが、レーザーや光が反応してしまう程の黒ずみですと、ほくろやシミ部分と同じように、脱毛施術自体ができないこともあるそうです。

ホルモン由来の色素沈着もあるそうなので、必ずしも間違った脱毛処理が原因とも限らないのですが、一度できてしまった色素沈着は改善が難しいです。
くれぐれも肌に負担をかける自己処理は続けないほうが良さそうです。


フォトフェイシャルで肌の黒ずみを改善


黒ずんだ肌の治療、またシミやしわの改善策として可視光線IPL、フォトフェイシャルが有効といわれています。
このIPLは、肌のコラーゲンの生成を促進しますので、埋没毛や摩擦による色素沈着を起こした肌に照射すると、透明感のある肌が戻ってきます。

光脱毛では、これと同じ原理の光を照射しますので、脱毛効果と同時に美肌効果も得られるわけです。光脱毛には、美白効果を謳っているところもありますが、この作用によるものだったのです。

このフォトフェイシャルはカメラのフラッシュくらいの弱い光で、肌の中の老廃物に光を照射して発熱させ、肌に必要ないものを排出させてくれる働きをするそうです。とくに副作用もありません。
シミ、くすみ、にきび、毛穴の黒ずみも改善できます。


フォトフェイシャルの効き目が期待できないもの

肌の黒ずみ改善に効果があるといっても、日焼けによる黒ずみには効果はありません。また黒ずみや日焼けが酷い場合は、光脱毛、フォトフェイシャルの照射がやけどの原因になるので施術できません。

まずは、エステティックサロンや美容皮膚科で無料カウンセリングを受けましょう。あなたの肌状態にあった、また肌状態にあった脱毛法、または黒ずみ改善、色素沈着の解決法を見つけてくれる筈です。


色素沈着の相談は


皮膚の深刻な色素沈着で悩んでいる場合は、まずは皮膚科などの専門医の診断を受けましょう。
脱毛施術ができないほど黒ずんでいるのなら尚更です。

また、レーザーや光脱毛はできないにしても、ニードル脱毛なら可能な場合があるので、
脱毛施術を選べば、これ以上色素沈着を起こさないように脱毛処理はできます。
体質的なものや、ときには病気の場合もあります。
病的に肌の黒ずみが心配になったときは、美容よりも健康優先で適切な医師の判断を仰ぐようにすることが大事ですね。

脱毛処理はいつでもできますし、肌状態が良くなってからのほうが効果も出やすいものです。
まずは黒ずみを消すなり、薄くするなりして、それから脱毛の悩みを解決しても遅くはありません。

ミュゼの口コミ・体験談募集中★

ミュゼの脱毛を実際に行っている方の感想や体験談も募集中です!

下のフォームからぜひご回答下さいませ。