ミュゼ脱毛こんな時は施術お断り!日焼け時の脱毛NGの理由とは?

日焼け

肌を傷める?日焼け肌への施術

日焼けした肌には、脱毛施術ができないとよく言われています。
その理由は一体何なのか知っていらっしゃいますか?

 

ミュゼプラチナムの公式ページを見てみると、その理由が分かります。
日焼けをしているということは、肌に炎症があるということなので、軽い日焼けでもトラブル回避のために、施術できない場合があるとのこと。

 

ミュゼプラチナムは、皆さんの肌のためを一番に考えて、施術をしていることが分かります。

 

日焼けした肌は、特に乾燥しているのと、光脱毛のライトがやけどの原因になることがあるので、脱毛施術をしているときには、日焼けしないように気をつけましょう。

 

日焼け肌に脱毛施術が出来ない理由

 

ここで、脱毛の仕組みを軽めに説明すると、いま日本で一般的に行われている、レーザー脱毛や光脱毛などは、
黒色や濃い茶色の色素に向かって光が反応し、脱毛していくものです。
そのため、皮膚が日焼けしていると、その部分に反応、やけどや赤みなどのトラブルを引き起こすことがあるそうです。

 

もともと日焼け肌は、肌にとっては、とても負担がかかっているということ。
それならば脱毛施術はおろか、自分で自己処理をするときにも気をつけなければならないことが分かります。
特に乾燥には要注意です。

 

脱毛効果が見込めないだけではなく、一見大丈夫なようでも、乾燥肌は痒みが起こりやすくなっています。
また、角質がはがれやすいので、傷が出来やすいのも問題。
万が一日焼けしてしまったときは、アフターケアとして保湿をしっかりすることが大事です。

 

できれば、脱毛する2週間くらいからは、日焼けには十分注意が必要です。
日焼け止めをつけることは当然として、日差しが強いところには出かけないように注意しましょう。

 

脱毛施術にベストな季節とトラブル肌回避法

 

そうなると、夏の間は脱毛できないの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
日焼けに十分気をつけていれば、夏でも脱毛施術は可能ですが、脱毛に向いている季節としては、秋か冬が最適です。

 

薄着になる季節になるまでに、ある程度の脱毛をすすめることができますし、脱毛施術によって、
肌も美肌、美白効果が見込めますので、春、夏に自信を持って肌を見せることができます。
秋、冬の間にこっそり脱毛、始めてみませんか?

 

春や夏、日差しが強くなってきた季節には、十分ケアしているつもりでも、うっかり日焼けすることがあるかもしれません。
そんなときには、まずは肌のほてりや赤みをとり、ゆっくり肌を休めて、保湿に勤めるしかありません。
肌リカバリーの時間をしっかりとれば、施術可能な状態に持ってくることができるでしょう。

 

ただし、ミュゼプラチナムでは、肌のことを一番に考えて、肌状態によっては、施術を断ることがあります。
これも、すべて肌のためを思えばこそ。安全、安心をモットーにして、肌トラブルなく脱毛施術をすすめていきます。

 

ミュゼではこんな日は施術NG!施術をしてくれない理由とは!?

ミュゼは脱毛ケアを専門に行う脱毛サロンですが、そのミュゼで脱毛の施術を受け付けてもらえない場合があります。
最も代表的なケースといえるのが「日焼け」ですが、この他にも施術が受けられない条件には様々なものがあります。

 

体調不良の日

風邪

ミュゼで行われている脱毛ケアというものはただ毛を抜くという単純なものではなく、皮膚の内部にある毛根にまで影響するものとなっています。
そのため、体調不良の日には思わぬ悪影響を及ぼす可能性がありますので、こうした日には脱毛ケアを受け付けてもらうことができません。
同様に当日薬を服用していたり、予防接種を受けていたりした場合には脱毛ケアができない場合がありますので、注意したいところです。

 

定期的に薬を服用している人

薬

定期的に薬を服用しているという人の場合は脱毛ケアを受ける前に医師と相談しておきましょう。

 

妊娠中または授乳中の人

妊婦

妊娠中や授乳中の人も脱毛ケアを受けることができないケースのひとつです。
先述の通りミュゼの脱毛ケアは体の様々な部位に働きかけるものとなっていますので、特に妊娠中や授乳中のように体がデリケートな状態になっている場合には脱毛ケアは避けた方が良いでしょう。
ミュゼ側としても、安全性を考慮してこのような状態になっている日には脱毛ケアを受け付けていません。

 

肌が乾燥している状態

乾燥

肌が乾燥している状態はミュゼにとっても脱毛ケアが受けられないケースのひとつです。
ミュゼの脱毛ケアは、全身様々な部位を施術することができるものとなっていますので、どこかの部位で悪影響を及ぼす可能性があります。
肌が乾燥している状態というのは皮膚そのものが刺激に弱くなっている状態ともいえますので、直接肌に働きかける脱毛ケアは基本的には避けた方が良いでしょう。

ほくろやシミは照射できない!?照射漏れとの勘違いにご注意を!

ミュゼプラチナムのような脱毛サロンで施術を受けたあと、何気なく施術部分を見てみたら、まだムダ毛が残っていた!
せっかくお金や時間をかけて脱毛したのに、きちんと施術されていないとショックを受けるかもしれません。
でも、それは実は早とちりであることが多いのです。

 

それはなぜかというと、脱毛施術を行うときには、脱毛サロン側が気を付け、わざと照射を避けている部分があるからです。

 

一つは、レーザー光というのは、黒い部分に反応してしまう性質があるので、
やけどの原因にもなるほくろやシミなど黒い部分は、当て漏れではなく、あえて施術を避けます。
ミュゼプラチナムで使用しているS.S.C.脱毛でも同様です。

 

またもう一つの可能性としては、脱毛直後では残っていたムダ毛がその後数週間でぽつりぽつり、またはするりと抜けていく現象が見られることです。
施術直後に、すぐに照射漏れがあるといって連絡を入れても、だいたい2週間くらい待ってくださいと言われることが多いようです。
もちろん、2週間経っても同じ状態、とくにムダ毛が固まって残っている部分があるときには、照射漏れの可能性がありますので、追加料金なしで再施術を受けることができます。

 

最初はどのように脱毛効果がでてくるのか分かりづらい部分がありますので、すこし余裕をもって施術後の肌を観察してみてください。

 

施術後様子を見て、脱毛状態を把握

初めての脱毛から2週間くらい経過して、大分ムダ毛が抜けてきたり、薄くなってきたことを感じられれば、
とりあえずミュゼプラチナムの施術効果はあったと判断できます。
結果の出方については個人差がありますし、S.S.C.脱毛は、繰り返すことで、徐々に効果が実感できますので、まずは焦らず様子をみましょう。

 

客観的にみて、本当に当て漏れがあったときには、そのままにしておき、
サロンのほうに連絡して、状況を見て判断してもらいます。
もちろん良心的に解決してくれますので、安心して相談してみてください。

 

ミュゼプラチナムのアフターケア

もちろんミュゼプラチナムは、長く続く老舗サロンでもありますし、脱毛のノウハウやカスタマーサービスなどもしっかりしています。
脱毛の施術やその結果には個人差があることも熟知しています。
何かトラブル、気になることがあったら、すぐに相談すれば親切に答えてくれますし、また再施術にも応じてくれるでしょう。
ただし、ある程度様子を見てから連絡しても、決して遅すぎることはないので、まずは脱毛経過をしっかり見てからにしてくださいね。

 

当て漏れがあるというのは、非常に稀なケースであることは知っておきましょう。

 

ほくろは照射してはいけない?照射漏れと勘違いしてはいけません!

脱毛ケアを行うにあたり、「ほくろ」は気をつけたいポイントのひとつです。
現在脱毛サロンなどで主流となっている「フラッシュ脱毛」や「光脱毛」と呼ばれるものは、黒い色にのみ反応する特殊な波長の光を照射して脱毛を行っています。
人間の体にある「ほくろ」も毛と同じく黒い色をしていますので、脱毛ケアで利用される光がそれに反応することがあります。
その結果、本来ならば毛根に反応しなければならない光が皮膚に直接反応してしまい、やけどなどの原因につながってしまいます。

 

ミュゼでのほくろのケア法

ほくろ

脱毛サロンでケアを受ける場合には、こうした事情を考慮してほくろをあらかじめ保護する等でケアを行います。

脱毛サロンで行われるケアは、出力が強い波長の光を使用しますが、安全性にも配慮したものとなっていますので安心してケアを受けることができるのです。
とはいえ、家庭用脱毛器を利用して自宅で脱毛ケアを行う場合には、こうした安全性についても自分で配慮しなければなりません。

 

脱毛ケアを行いたい部分にほくろがなければ特に問題はありませんが、ほくろがある場合にはやはり注意する必要があります。
ほくろを保護する最も簡単な方法としては、ひとつはシールなどでほくろを隠すという方法です。
脱毛器の光は黒い色に反応するという性質がありますので、黒い色でない状態にすればそれだけでも効果があります。
ほくろを隠すシールについても特別なものである必要はありませんが、できれば白い色のシールが望ましいでしょう。

 

ファンデーションやコンシーラーといった化粧品を使ってほくろを隠すといった方法も効果的です。
これはほくろの色を周囲の肌色に近づけるという方法であり、そうすることによって家庭用脱毛器でもほくろの周辺にある毛を安全に脱毛することができるようになります。
いずれの場合もほくろの色を目立たなくすることがテーマですが、脱毛器そのものの出力についてもあまり強すぎないように調節しておくことも大切です。

ミュゼの口コミ・体験談募集中★

ミュゼの脱毛を実際に行っている方の感想や体験談も募集中です!

下のフォームからぜひご回答下さいませ。